大浦酒造株式会社

大浦酒造について

MESSAGE

代表からのご挨拶

私たちの最高の喜びは、お客様の笑顔。
その「ひとときの安らぎ」を提供すことが、我々の仕事の使命であると考えています。
大浦酒造は、頑なに「手造り」にこだわり続けて、100年を超えました。
そして、次の100年にむけて杜氏として、そして大浦酒造の四代目として真摯に取り組んで参ります。
 

大浦酒造株式会社 4代目杜氏/代表取締役
大浦晋一

PROFILE

概要
社名 

大浦酒造株式会社


代表取締役

大浦晋一

創業

明治42年10月

設立

昭和32年11月

事業内容

焼酎の製造販売、酒類飲料品の販売

住所

〒885-0021 宮崎県都城市平江町2街区8号

醸造所

〒885-0112 宮崎県都城市乙房町4113−1

電話

0986−37−3883

FAX

0986−37−3883

   

PRINCIPLE

理念


これからも変わらない大浦酒造の理念と原則

手造りで大切な事は、常に基本に忠実であり、しっかりと変化を感じることが肝要です。
 手造りでの醸造は、子育てにも似ていると感じることがあります。
どれだけ、手をかけてあげるか。
しっかりと育っているのか。
見守りつつ、手間をかけて整えてあげる事が大切です。
時代が変わっても、素材と向き合い、技を磨き、
魂を込めて、極めた一本を作り続けてゆきます。
 
  • 素材を活かす

    自然と生産者に感謝し与えられた素材のすべてを生かし切ること。変化する環境や気候によっての違いを感じ取り、素材と対話することが「手造り」の基本です。
  • 技を生かす

    「手造り」へのこだわりは、時代を超えて受け継がれた技を信じているからであり、そしてその受け継がれた技に磨きをかけることが私たちの役割です。
  • 人を憩やす

    大浦酒造の焼酎で、日常の「やすらぎ」と「癒やし」を与えられるかが、私たちの目指すところ。ふとした日常の中での喜びを提供してゆきます。

HISTORY

沿革
1909年 

都城市平江町にて創業。初代・杜氏 大浦藤市にて焼酎造りが始まる。

1957年 

大浦酒造株式会社設立 二代目杜氏 大浦栄徳 代表取締役就任

1979年 

三代目・杜氏 代表取締役 原田住和就任

2008年 

都城市平江町の醸造所を都城市庄内町へ移転

2013年 

四代目・杜氏 代表取締役 大浦晋一就任

ACCESS