大浦酒造株式会社

縁100年プロジェクト

PROJECT

大浦酒造の新たな一世紀

繋がりから紡ぎ出す

大浦酒造が、次の100年にむけて動き出したプロジェクトです。
美味い酒は、杜氏だけのチカラでは完成しません。
人と人との縁(ゆかり)や気候・風土との縁を大切に育みながら長い年月を懸けて、造られてゆきます。
わたしたちは、すべての縁(ゆかり)を大切にした商品開発や取り組みを進めて参ります。

オリジナル商品開発
Brand new product


小回りのきく酒蔵のメリットを活かし、小ロットでオリジナルの商品を開発してゆきます。
地域の生産者とともにこれまでにない新しい焼酎をお届けしてゆきたいと思います。
 原材料にこだわり、手作りにこだわるからこ、本当に品質の良い焼酎を自信を持ってお届けしたいと思います。 

"ゆらぎ"を愉しむ文化の提唱
New values


あたかもワインのような、風土や気候の違いすら愉しむ新しい価値観を広げてゆきたいと思います。
画一化された工業用品の様な商品ではなく、毎年変わる味と香りを愉しんで頂きたい。それは、より良い焼酎を造るため、素材を活かすことです。

 

純菊芋焼酎「草の縁」

日本初、菊芋100%の焼酎誕生

縁100年プロジェクト、最初の商品が誕生しました。
国内でもはじめての菊芋100%の焼酎です。独特の香りと個性をお楽しみ下さい。

 

純菊芋焼酎「草の縁」

KUSA NO YUKARI

旬を慶び 瞬間(とき)を愉しむ

”草の縁”とはあるものを愛しいと思うために、それにつながる他のものにも愛情を感じること。転じて、何らかの縁でつながるもの。「古今和歌集より」
これまでの100年で紡いた縁とこれかの100年の新たな縁を結び、その素材と瞬間をじっくりと味わう。国内ではじめての菊芋100%の焼酎が出来ました。

菊芋生産

松川果実園 松川宗由

 
”松川果実園”は南九州における果樹栽培の先駆者として、葡萄栽培など多くの果樹の栽培をリードしてきました。
近年では、ブルーベリーや栗の生産を中心に展開しています。
 近年では、菊芋の機能性にいち早く注目。積極的に加工品の開発も行い、「キクイモチップス」は首都圏でも人気商品として、出荷数は毎年増加していいます。
 
松川果実園

プロデュース

おかもと自然薯農園 岡元一徳

 
国内ではじめて、自然薯の自家栽培を確立した”おかもと自然薯農園”では、「農の多面的活用」により次世代の農業を目指しています。すべての生産物の完全無農薬・無肥料栽培し、安全に配慮。現在、「農福連携」も推進中。
コンテンツプロデューサーの経歴を生かして、新たな切り口とアイディアで、農業の枠を超えた展開とモデル作りを目指しています。
 
おかもと自然薯農園

杜氏

大浦酒造 大浦晋一

 
手造りにこだわりつづけて、100余年。四代目杜氏、そして代表取締役として、これまでにない挑戦を目指しています。
あたかもワインのようなテロワールの理念を取り込み、これからの100年にむけて、新たな価値観で商品を開発します。地理、気候、水、素材などのあるがままを活かし、毎年”ゆらぐ”素材の個性を尊重し独自の焼酎の確立に向けて、精進しています。
 
大浦晋一


 

厳選された素材

菊芋は、天然のインシュリンと呼ばれるほど、様々な健康機能を備える優れた作物です。
霧島山麓、都城の肥沃な大地で、農薬・肥料不使用で栽培しました。


 

贅沢な素材と匠の技

菊芋は、ほぼ澱粉質がないため、アルコール発酵が極めて難しい作物です。
厳選された菊芋をふんだんに使用し、蒸し方や水加減など研究を重ね造り上げました。

 

 

 最良の瞬間を届ける

時間をかけて雑味を取り除き、約一年間じっくりと貯蔵。
口当たりのよい、ほどよい丸さとまろやかさになりました。
香りが落ちつく最良のタイミングで出荷します。

 

 

お召し上がり方

大地の香りをお愉しみいただくために
お湯割りなら、熱めのお湯で焼酎6とお湯4に、
ロックなら、大きめの氷をひとつだけ。
ハイボールは、焼酎1に炭酸4がオススメです。 

ACCESS